nh0054

伝心 土 本醸造

種 類日本酒
酒造メーカー(株)一本義久保本店
産 地福井
容 量1800ml、720ml
アルコール度数15〜16度
備 考【精米歩合】65% 【日本酒度】+2.5 【酸度】1.0

1800ml ¥1,900(税別)

売り切れ

売り切れ

720ml ¥950(税別)

売り切れ

売り切れ

奥越前を育む、土の力強さ

【2015年 スローフードジャパン燗酒コンテスト】金賞受賞

酒米「五百万石」の作付けが、単一農協として全国最大規模を誇る奥越前。この地元の代名詞ともいえる酒米を使用して、軽やかな口中感と力強いキレの良さにこだわった酒を醸しました。

その酒造技法の特長は、伝心シリーズ唯一のモロミへの酒精強化(醸造アルコールの添加)。

江戸初期に書かれた酒造技術書『童蒙酒造記』にもあるように、我々日本人はかなり古い時代から、日本酒のモロミへアルコール(当時は焼酎)を添加することで、「酒の品質安定・香味の軽やかさ・味のまとまり付与」などの好影響があることを知っていました。

現在世の中に流通している日本酒のうち、およそ80%はアルコール添加系で、その添加する醸造アルコールは一般的にはサトウキビ(廃糖蜜)を原材料として連続式蒸留機で度数95%まで蒸留をしたピュアアルコールを使用しています。

一方、「伝心土」は蔵元の単式蒸留機(本格焼酎を蒸留する機械)で、福井県産米を原材料にして自社製造した醸造アルコールを使用。

「柱焼酎仕込」といわれた、江戸時代のアルコール添加酒造技法にならった酒仕込みをしました。

奥越前が誇る五百万石の素直な味わい、そしてこの稲が育つ大地を思わせる力強い後キレ。

ふくよかな純米系の日本酒とは方向性の違う、アルコール添加系の日本酒だからこその軽やかな風合いを通じ、アル添系日本酒の再発見をして頂けましたら幸甚です。

 

Copyright ⓒ 京枝屋酒店 All right reserved.